忍者ブログ
毎日の出来事のメモや、いいものを見つけたら紹介するブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

信じ続けて続けていると、急に効果が現れてくる。

しかも急激にである。

頑張った分だけやはり神様は見ててくれるんだなぁ

拍手[0回]

PR
やはりダイエットは難しい。

世の中にはその為の方法はありふれており、数え切れないぐらい沢山あるが、しかしながら全て続ける事が大事なのである。

整形手術などは別であるが、毎日コツコツと作り上げていくものである。

まだであってないだけかもしれないが、今まで7秒間ダイエット以上に良いものは見つけられていない。

しかしながらこれすら続ける事はめんどくさいのだ。

まぁ、それだけの気持ちであるだけなのだろうが、やはり意志の強さ、断固たる意思が大事なのである。

PR しみ取り フレグランス 通販 

拍手[0回]

ダイエットをするに当たって大事な事は継続する事である。

何事も続ける事が大事というわけである。

基本的には有酸素運動を15分以上続けるといいとか言うが、暫く運動した事がない人などは、寝る前に全力で7秒間力を入れるというのも効果的である。

これは、腕立てや腹筋などといった力ではなく、動かないものを全力で押すなどといったものである。

自分のMAXで押した場合60kgのものをうごかせるとしたら、5kgのバーベルをうごかすよりそっちの方が筋肉を使うからである。

7秒間といったが、基本的には寝る前であればそのくらいでいいらしい。

しかし、体力をつけたい。筋肉をつけたい。といった人ならば、長いほうがいいだろう。

あくまでもダイエットという意味では、女性や、運動をまったくしていない人などに効果があるはずだ。

毎日寝る前に7秒間、腕や足、お腹など気になる部分に力が入るように押す。
これを一ヶ月でいいからやって見てほしい。

きっと効果があるはずだ。

腕と足をしたいのであれば、椅子に座り、手を交差させるようにひざか太ももの上におく。そして手は下に押し、足は上にあげる。そして、7をゆっくりと数える。この方法は、腕、足、やればわかるが、実はお腹にも効果がある。

メタボチックなところであれば引き締まるはずだ。

7秒間が出来ない人は、残念ながらダイエットはあきらめたほうがいい。

サプリメント等で痩せてくれ。

拍手[0回]

摂取カロリー<消費カロリーの痩せるメカニズムからも分かるように、使ったエネルギー以上の食べ物を食べなければ痩せるのは明らか。

しかし、極端に食べる量やカロリーを減らす方法だと、体が飢餓状態になりリバウンドを引き起こすのでNGです。

体脂肪を減らすには、摂取するエネルギーを1日に必要なエネルギーより200~300kcal少なめにすると効果的だといわれているので、低カロリーなメニューをバランスよく食べることを心がけ、1日3食、そして1日30品目の種類を少しずつ食べる食生活に改善していくとよいでしょう。目安としては、野菜:タンパク質:炭水化物を3:2:1の割合で食べると◎です!

飲むだけサプリ

糖質と脂肪を抑える食事も体脂肪減少には効果的です。
かといって全く糖質や脂肪を摂らなければいいのか?
というと、そうではありません。炭水化物は茶色のものを(玄米、雑穀、全粉粒のパンなど)、白砂糖よりは黒糖・蜂蜜などを、油は動物性より植物性を、というように種類を選ぶのもコツ。

タンパク質や植物繊維を多く含む食品を食べることも、痩せやすい体質づくりには効果的です。

タンパク質は筋肉や骨が作られる大切な栄養素であり、特に筋肉は体の中で最も多くエネルギーを消費してくれる大切な役割が! 大豆食品や脂身の少ない赤身の肉、鮭など、高タンパク質で低カロリーな食品をしっかり摂ることはエネルギー消費アップのポイントとなります。

食物繊維はダイエットの大敵である便秘予防や、糖質や脂肪の吸収を緩やかにする働きがあるので、積極的に摂取していきましょう。

その他、食べ物をしっかり咀嚼し食事をゆっくり楽しむ習慣を持てば、満腹中枢が刺激されることで早食いやドカ食いの予防につながります

ダイエットって?

拍手[0回]

「痩せる」ということは「体重を減らす」ことではないということを覚えておきましょう。

サウナなどに入って汗を大量に流せば体重は減りますが、
それは真の意味でダイエットに成功し痩せたことにはなりません。

では本当の意味で「痩せる」とはどういうことか? 

それは、体の余分な脂肪を減らすこと。

正しいダイエットとは、体脂肪を正常な数値に戻すことにあるのです。

体脂肪を減少させるメカニズムは簡単!
 
要は日常生活において、摂取エネルギーより消費エネルギーを増やせば痩せられるのです。

当然のことながら反対に、摂取エネルギーより消費エネルギーが少ない状態が続けば、脂肪は溜まる一方! そこで、摂取エネルギーより消費エネルギーを増やしながら、痩せ体質をつくるコツを「食事」「運動」「生活習慣」でつくりましょう

下半身ダイエット

拍手[0回]

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アド
Template by H 忍者ブログ [PR]